白いシャツについたカレーの落とし方【手間1分】

カレー汚れ生活の手帖
photo by goma

やってくれました。園から帰ってきた子どもの制服のシャツに大きなカレーのシミ。この落ちにくいとされている白いシャツについたカレーの汚れを、手間1分ですっきりきれいに落とします。

過去に油分の多いトマトソースも同様の方法で、すっきり落とています。
べっちょりとついたトマトソースを落とす方法はコチラ

実質放置のみで落とすカレーのしみ

カレー しみ 落とす
photo by goma

はい。どん。今回の敵「白いシャツについたカレーのしみ」です。昼食時に汚して、帰宅は18時。翌日朝まで放置したしみです。

まずは敵を知る:汚れ場所の確認

カレー汚れ 落とす方法
photo by goma

ジャン。汚れ付近の画像です。園指定の白いシャツ。園の名前が刺繍で入っていますので、ポストイットで隠しています。今回の敵、カレーのしみは胸元ポケットとボタン付近。ありゃま。ボトリ。と落としたあとに下へと転がった形跡あり。

敵を沈める:衣類付け置き

カレーのシミを落とす方法
photo by goma

いつものごとく、セスキを溶かした水道水に2時間ほど放置します。セスキ水に付けた瞬間にシャツの黄色であったカレーのしみが、赤茶色に変色しました。

敵を忘れる:付け置き後の放置

白いシャツ カレー
photo by goma

放置した衣類2時間後です。目で確認できるほどのうっすらしたシミが残っています。ここで初めて手間が出ます30秒程度の汚れ部分の揉み洗い。付け置き水の中で30秒程度モミモミします。

敵を流す:流水で流す

シャツについたカレーを落とす
photo by goma

衣類を流水もしくは、きれいな水をためてすすぎ洗いをします。20秒程度で十分です。画像はすすぎ洗い後のシャツです。

さらに放置でカレーしみを落とす

ここまで、放置と30秒の揉み洗いと20秒程度のすすぎのみです。

敵を光へあてる:直射日光にあてて放置

油分の多い着色汚れを落とす
photo by goma

ここでよく勘違いをされる方がいます。カレーのしみは薄くなっていますが、完全に消えてはいません。直射日光にあてることで、色を飛ばすことができます。乾かすために干すのではなく、シミの部分に直射日光(紫外線)をあてることで、シミの色素をなくすことができます。

ナマさん
ナマさん

ただ干すのではなく、紫外線を直接衣類のシミにあててください。

カレーのシミをとる【結果】

カレーの汚れをきれいにとる
photo by goma

はい。いかがでしょう。今回も油分の多い、落ちにくいとされているカレーのシミをすっかりきれいに落とすことができました。

ナマさん
ナマさん

ついた汚れは揉んだりこすったりしないこと。
付け置きが終わるまで何もしないことが、きれいに落とすコツです

カレーのしみ部分を大きな画像で

カレーのついた白いシャツ
photo by goma

さらに大きな画像で確認してください。洗剤は一切使用しません。アルカリ剤のみです。したことは放置。そして30秒程度の揉み洗いのみです。さらに放置。これだけで、落ちにくいとされている油分の多い着色汚れはスッキリきれいに落とすことができます。

シミを落とすために一度洗濯機で洗濯をしてしまった衣類は洗濯洗剤や柔軟剤で生地や繊維がコーティングされているため、セスキやアルカリ剤を使用しても落ちにくい状態になります。

ナマさん
ナマさん

コーティング部分が落ちると
落ちやすくなるので、何度か繰り返すと
きれいになります。

汚れを中和
アルカリウォッシュ/セスキ(3kg)

たらいにためた水量に小さじ1杯程度のアルカリ水(セスキ水)に付け置きしました。使用した商品は上記画像のアルカリウォッシュです。小さじ1杯程度しか使用しませんので、洗濯洗剤よりもとても経済的です。そしてどんな洗濯洗剤よりも効果を発揮します。(油分を含む汚れと酸性の汚れであれば)

粉で少量(小さじ1杯程度)で洗濯ができるので、旅行などの洗濯機のない場所でも簡易洗濯ができます。持ち運びにも大変便利です。

白いシャツについたカレーの落とし方
  • セスキ水をつくる
  • 沈めて放置
  • 直射日光(シミ部分)にあてて干す。
【ナチュラルクリーニング】旅先でできる洗濯
旅先に最小の荷物で行く方法はかさばる衣類を減らすことです。洗濯機がない場所でも、水さえあれば、皮脂、汗程度の汚れであれば、簡単に落とすことができます、その方法は「ナチュラルクリーニング」粉末を入れて放置するだけで衣類の洗濯が可能です。旅先のライフハックとして知っていれば、役立てることができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました